楽しい狩人 メルケル Frohlicher Jagersmann Op.31-2 Merkel 全音ピアノピースNo.1

コメント数: 0

アクセス数: 29

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 4.605 件)
読み込み中...
★をクリックすると評価できます
  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にtpianoにより1ヶ月前に更新されました。
0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #11320 返信
      tpiano
      参加者

      強弱の掛け合いとスタッカートに注意すれば、初級者(バイエル後半程度)でも弾けると思います。「Vivace con brio」と指示がありますので、陽気に活き活きと弾くことも大切です。

      グスタフ・アドルフ・メルケル(Gustav Adolf Merkel)は、ドイツの作曲家でオルガニストでもありました。若い頃にシューマンからレッスンを受けたメルケルは、1858年からオルガン演奏に専念し、ドレスデンでキャリアのほとんどを過ごしました。同氏の作曲には9つのオルガンソナタが含まれ、そのうち最初のソナタ(Op.30)は2人のオルガニストのために書かれています。同氏のスタイルは広く保守的であり、メンデルスゾーンの影響を非常に受けています。

0件の返信スレッドを表示中
「楽しい狩人 メルケル Frohlicher Jagersmann Op.31-2 Merkel 全音ピアノピースNo.1」にコメントする

※youtubeの動画URL(https://youtu.be/×××××)を本文に記載すると動画が投稿できます。
※URLを複数書き込むと投稿できない場合があります。

あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

〈注意事項〉

※「利用規約」「投稿ガイドライン」を必ずご覧いただいた上で、書き込みを行ってください。

※違反する投稿を発見した場合や、違反報告があった場合は投稿削除などの措置を講じる可能性がございます。

音楽・歌手・声優・ASMRの人気トピック