ラルゴ(オンブラ・マイ・フ/かつて木陰ほど HWV.40より) ヘンデル 全音ピアノピース

コメント数: 0

アクセス数: 273

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 5.004 件)
読み込み中...
★をクリックすると評価できます
0件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #9738 返信
      Takatsugu Piano
      参加者

      ラルゴまたはオンブラ・マイ・フ(Ombra mai fu)は、ヘンデル作曲のオペラ「セルセ」(Serse,Xerxes)第1幕冒頭のアリアです。

      ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われ、詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったもの。

      下降と上昇を組み合わせた伸びやかな旋律線を持ち、弾いた後はなんとも穏やかな気分になれました。

      ==========================
      [原詩(イタリア語)]
      Ombra mai fu
      di vegetabile,
      cara ed amabile,
      soave piu

      [日本語訳]
      かつて、これほどまでに
      愛しく、優しく、
      心地の良い木々の陰はなかった
      ==========================

0件の返信スレッドを表示中
「ラルゴ(オンブラ・マイ・フ/かつて木陰ほど HWV.40より) ヘンデル 全音ピアノピース」にコメントする

※youtubeの動画URLを本文に記載すると動画が投稿できます。
※URLを複数書き込むと投稿できない場合があります。

あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

〈注意事項〉

※「利用規約」「投稿ガイドライン」を必ずご覧いただいた上で、書き込みを行ってください。

※違反する投稿を発見した場合や、違反報告があった場合は投稿削除などの措置を講じる可能性がございます。

音楽・歌手・声優・ASMRの人気トピック